わたしは幼保無償化の対象?「幼保無償判定ナビ」をご活用ください。

ひとり親家庭医療費助成

[概要]

ひとり親家庭などのお母さんまたはお父さんと、そのお子さんの医療費を助成します。助成を受けるには、医療機関を受診する際に、健康保険証および受給者証を提示してください。
※制度の対象外の医療機関で受診された場合は、償還払いの手続きが必要です。

[支給内容]

医療保険を利用して医療を受けた場合の自己負担分を助成します。
※保険適用外のもの(健康診断、予防接種、薬の容器代、差額ベッド代など)、食事代は対象外です。

[対象者]

下松市にお住まいで各種健康保険に加入している、次のいずれかの条件に当てはまるお子さんと、そのお子さんを監護している母または父。ただし、所得制限があります。

※お子さんが18歳になって以降、最初の3月31日までが助成対象です。

・父母が婚姻(内縁関係を含む)を解消したお子さん
・父または母が死亡したお子さん
・父または母が一定の障害の状態にあるお子さん
・父または母の生死が明らかでないお子さん
・父または母から遺棄されているお子さん
・父または母が長期にわたって拘禁されているお子さん
・婚姻によらないで生まれたお子さん

[申請できる人]

対象となる方ご本人

[申請期日]

随時

[手続きなど詳しくは]

「福祉医療(ひとり親家庭医療費助成制度)(下松市サイト)」をご覧ください。

福祉医療(ひとり親家庭医療費助成制度)(下松市サイト)

子育て応援情報

「ママパパ」をシェアしよう
  • つぶやく